hibi.jpg

入院日記~3週目  

◆2/26
鼻の管を左から右に入れ替えた。
すっごく痛い、気持ち悪い。。のに、病室うるさい。
夜遅くに塩崎さんの顔見たら、それまでの苦痛やらの感情が止まらず…
オェオェ泣けてきた。鼻の管も一旦取ってもらった。そして、寝る。。

◆2/27
また鼻の管を左に戻してもらう。。
ばあちゃんらうるさいし、またもダイニングに避難。
なんかぐったり。。夜遅くに咳き込んで管が動いて吐き気が。
咳も止まらず吐気ピークに。。下出先生に管抜いてもらう。。
山田先生が駆けつけてくれた。
「鼻の管は一日いれないでいてあげるから、
今からでもいいから、家で少し休んできなさい!絶対スッキリするから!」
と、すごい目力で言われ、結局次の日の朝に一旦家へ。。

◆2/28
朝8:00から家に戻る。。
検査あるから14:00までには戻っておいでと…
14:30に戻りました(-_-;)
バリウム入りのゼリーや茶碗蒸し等を飲み込んで喉を通るか確認する検査。
先週より全然いいよ!と言うことで、夜ご飯から嚥下食に。。
私は小さい頃から、ミートボールとかかまぼことかイワシのつみれとかが大嫌い。
夜ご飯は3時間くらい格闘して半分も食べれず。
嫌な顔してたら、担当看護師 田中さんに
「何、その顔(怒)鼻の管よりこっちを選んだのなら頑張りなさい!」
と、ピシャリ。ベッドの上で正座して聞く。
明日からの三食が怖すぎる。。

◆3/1~3/4
嚥下食が恐怖過ぎて、ものすごいストレスに襲われる。
食感が全部ドロドロというのはかなり凹む。
味がどうこうとかではなく。
一口だったら美味しいけど、毎食毎食ドロドロだとかなりつらい。
3/4のお昼には食べる気力がなくなった。
仕事のことも頭から離れず焦る一方。
布団にこもりきり。頭痛もひどい。福田さんが優しくて泣けてくる。
でも山田先生の声がいつもよりでっかくて怖い。
「今日明日ですぐによくなることじゃないから!
ここを乗り切らないとずっとこのまま!
一ヶ月先にステーキ食べるために一日一日積み重ねるの!」
布団かぶって泣きながら聞く。。
田中さんが親身になって私の焦りを解消する対策を考えてくれた。
先生たちもあれこれ考えてくれた。感謝感謝感謝@@@


つづく。


入院日記~1週目
入院日記~2週目
入院日記~4週目(退院)





category: 健康第一

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lxlms.blog21.fc2.com/tb.php/942-3390c124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)