hibi.jpg

文豪屋敷  

9月初めくらいだったかに「襖の絵と建物を見学させてほしいですー」
と、お願いしていた文豪屋敷へ。勝手に文豪屋敷と呼んでます。
文豪が住んでいそうな佇まいの町屋。住人も文豪みたいな風貌。。

簾戸の取替え手伝うことに。
ステキな光景やねー*
簾戸の光景

とりあえず珈琲飲む?と、いうことで、座敷で栗のお菓子と珈琲を*
あぁ*落ち着くー。美味しいー。
栗のお菓子と珈琲*

二間幅の4枚障子戸が2セットと4枚襖が1セット、二間半幅の4枚襖1セット。
結構大変やね!!雰囲気がガラッと変わった♪おぉ。この変化イイね!!
厳しい夏の暑さを乗り越えるために、建具を替える日本家屋。用と美を兼ね備えた使い方*
建具取替え♪
障子の腰が網代張りだったり、板張りと鳥の子張りが表裏になっていたり、
スタイリッシュな引き手の襖、ステキなえが描かれている襖。楽しいねー!
建具取替え*

天袋や地袋の襖にも絵が描かれてあって。
金襖も見せてくれた*かっこいい!!
金襖


干し柿!!
お疲れー、ホットジンジャー飲む?と、いうことで、
今度は、縁側に干してあった柿とキュウリのピクルスを添えて。あったまるわー*
ジンジャーシロップのお湯割り

そんで更には、お餅まで焼いていただいて。。
砂糖醤油につけてねー。お正月みたいや。
お餅の脇に紫蘇の実の佃煮が!美味しい*
お餅☆正月ぽい

いろいろなおもてなしを ありがとうー!!!


・・・その後、急いで仏具の御磨きへ。もうすぐ報恩講。
檀家になっている地元のお寺へ。

行きたいなとずっと思っていたけど、場違いかなと行くのをためらってました。。

信心深いとかというよりは、親鸞さんのことを哲学者として好きというのと、
浄専寺のひとたちのことが好きというのと。
私たちの不精を責めることなく、お墓をいっつもキレイにしてくださっていて。
それで、行きたいなーと思ってました。

5分遅刻。。「こ、こんにちはー・・・」って恐る恐る入ってみると・・・
檀家のおじいちゃんおばあちゃん20人ほど黙々と磨き中。
シーーーーーーーーーーーーーン。。
やややややっぱり場違い(ToT)かも。

入口近くに近所のおばちゃんがいたので、 ほ*

近所のおばちゃん: 「この布敷いて、これ付けて、こうやって磨くんやよー。」

と、教えてもらって、御磨きスタート。


・・・黙々々々々々々々々・・・


・・・・・

・・・・・

近所のおばちゃん: 「ところで、あんたどこの子??」


えぇぇぇぇぇぇ!!( ̄□ ̄;)


・・・・・・・・・・・


磨き終わると、検査官のじいちゃんが目を光らせている。
ダメやったら戻されるみたい。
仏具は皆の力でピッカピカ!!美しい!!
あの場所でiPhone出してパシャパシャする勇気はなかったー。
すごくキレイだったから写真撮りたかったー。

夜、仕事もあったので後片付けして帰ろうかなーと思ってたら、
総会あったよね。。乾杯とかお料理とかあったよね。。
私、基本じいちゃんばあちゃん大好きなので、楽しかったけど。
私のじいちゃんの話しを聞けたのが嬉しかったです*
今ある状況は、じいちゃんのおかげや、ありがたいです。


頑張って磨いたら、次の日の朝、筋肉痛。。




category: その他

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lxlms.blog21.fc2.com/tb.php/1255-d1c2ce07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)