hibi.jpg

夜な夜な作業*  

夜な夜な。この間の渋皮煮を使ってチーズケーキタルトを。
渋皮煮を裏ごししてフィリングにたっぷり混ぜて。砂糖は少なめで。
未開封だったグランマルニエ。これも入れてしまえー*

夜な夜な作業スタート。

栗のチーズケーキタルト。
ほっこり&まったり* 秋の味♪

栗のチーズケーキタルト2015!

カロリー気にして豆乳入れたんですけど。。
やっぱり生クリーム入れればよかったー。
で、ホイップしたのをのっけることにした*
火曜・水曜あたり、栗のチーズケーキあり〼
タイミングよく、cowry coffeeさんの珈琲豆もあるので、よかったらどうぞ。
今日明日あたり、ありマス


渋皮煮も甘いしなーと思って甘さ控えめにしたら

・・・控えめすぎたかもー( ̄0 ̄;オホホ

やっぱ続けて作ってないと、勘ってもんが無くなるね!!
「こういう味にしたい」って思っても、具体的な加減に手ごたえが無い!!

祭り用の煮物もそうや・・・甘さと醤油のバランスがさー。。
母が働きに出ていたときは毎日作ってたんですけど、結構自在やったよー!(←過去の栄光;)
ホント悔しいわー。(←コレ、楽しんでるってことです。)

建築も同じやー。何をどう操作したらビシッとイメージにはまるか。
感覚に落ちてないことは、どうしようもない感じなんやってね。。
それを感覚に落ちるまで空間や素材を見て回って探してる。
自然の風景からでも音楽からでも、絵画からでも、料理からでも探してる。
ひととの会話からでも、ひとの弱さや強さからでも、探してる。
「何がどうなってて、ひとはこう感じる」って身体感覚で分かってるかどうかって
すっごい重要やと思うんやってー。

空間を考えるって、ちょっと独特な感覚だと思う。3Dを想像するって結構難しい。。
光の反射とか寸法感覚とかって建築をやっていないと難しいと思う。
ひとの”無意識”をひたすら意識しようとする作業。
たとえば・・・うーーん。こんなことかねぇ。

”近くて遠い” とか ”狭いけど広い” とか。
脳みそ(数値とかのデータ)とカラダで感じる感覚には差があると思う、だれにでも。
脳みそとカラダをリンクさせるって言葉、たまに書いてるけど、
そういうようなことの意味で使ってます。

その誤差を感じているかどうかが大事やと思う。

模型見ても3Dパース見ても、視覚でしかないからねー。
目に見えていることなんて、ごく一部だよ。ひとの感覚ってもっとすごいから*
気づいてないけど、感じていること。

”気配”とか”相対感覚”とか。そういうのあるやろ?♪



category: お菓子

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lxlms.blog21.fc2.com/tb.php/1250-4d5184cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)