hibi.jpg

テーブルの天板加工  

minx改修工事。
いくつもある家具も片村建築さんで作っていただくことに*

肌診断やネイル・待合に使うテーブル。
結構大きいこのテーブル。720×2,000 くらいだったかな。。
ケホケホケホケホ
帯鋸でひいた板。鋸目が残るように加工☆
説明が超下手な私・・・「まろっとした感じで~」とか・・・そういうコトバが普通に伝わる。。
言葉で無理だから写真を見せて。そしたら、説明しなくても勝手にかっこよくなってー。
見せる写真は、私なりに思うことが詰まったものを探すんですけど、その汲み取り方が繊細☆
って言うか、こんな感じにするにはこうしたらいいと思うー♪
と、イロイロ教えてくださるのです*

 エッジ通ってない方がいいねー。とか
 突きつけヶ所はこれくらいの方がよさそうー。とか
 この影、無い方がよさそうー。とか


手や服がひっかからないように、鋸跡が残るように雰囲気見ながらサンダー掛け*
wakuwakuwakuwaku☆

片村さん、真剣顔。ですが、たまにニヤけながら・・・なんか楽しそう。。
サンダー掛け具合試し中の片村さん

木屑が舞って目痛いと涙を流していた北村さん。
ダイジョウブかなー。ちゃんと目洗ったかなー。。
テーブル天板サンダー掛け中のktmさん

あと、このテーブルを置く場所の壁に取り付ける木製の棚3段、栗の板で*
あーだこーだバランスを。。
受け材寸法や取り付け高さなどについて検討中ー。

 130mmくらい?
 140mmの方がよくない?
 うーん。135mmかな。 
 斜めの材の角度45°?
 うーん。45よりもうちょっと縦長の感じで・・・
 棚板間隔は?300くらい?
 うーん。280くらいじゃない?
 受け材の入り寸法は?75?
 うーん。90くらいあった方がよくない?
 ・・・・・・

うん。これで☆

スケール 1/1で楽しい話し合い☆

syunnsukeくんが、

「いつもこんな風に検討できたら 最高やな。。」

と、つぶやいた。


category: minx【稲沢設計室】

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lxlms.blog21.fc2.com/tb.php/1136-812d91cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)