hibi.jpg

毎週火曜は。  

くろねこハウスの現場。
わ*外壁のGL鋼板、落ち着いたイイ色だと思います。
171010-25.jpg
キレイになって嬉しいです。
▼【改修前】
当初の外観のようす~

玄関を入ると、奥にある既存サッシが取り外されている!
新しいサッシがひとつ内側の通りに付いたからか、庭の緑が近く見える。
171010-29.jpg
玄関入ってすぐに大きなテーブルを置くのですが、
石膏ボードの作業台のまさにその位置に。なんかイメージ出来て嬉しい。
171010-33.jpg

ダイニングキッチンの一角に作る洗面コーナーの腰タイルタイルいい色。キレイ
キレイな色!洗面コーナー周り、結構楽しみにしてます。
171010-15.jpg

下地の調整など、かなり大変そうです。。
工期を延ばしていただきました、、本当にありがとうございます。
狭間建築さんもまた、よろしくお願いします。より良い空間づくり 頑張る。

category: くろねこハウス【稲沢設計室】

週一の能登  

くろねこハウスの現場行くのが楽しみになってきた。
杉のフローリングをリビングから順番に張っている模様*
この張り方、いいね!好き。

天井の低い空間の隣には天井高い空間。
採光の取り方と色彩にも落差付けて、
隣り合っているからこそ更に濃く体験できる。と思う。
ひと続きの空間でもタイプの違う居場所ができたらいいなー。と思う。
171003-20.jpg
サンプルとれなかった洗面タイルの実物が現場に届いておりまして、
淡いエメラルドグリーンの釉薬がイイ感じにかかっていてステキだった。楽しみ。

食堂酒場も器具付けやらでどんどん濃くなっておりますー。
171003-06.jpg
昨日の夕方、片村さんが考えた入口デッキ。
宮山さん制作。今日の午後にはもう完成してました。わ☆早やっ。
施主さんは、残りの壁を塗っておりました。お疲れさまです。
171003-05.jpg

---------------------

打合せの帰り道、久しぶりの夜シエスタ!このカレーが食べたくて。
チキンとバジルのスパイスカレー* チキンやわらかーい。
かっらくて美味しい!好き!!
好きな辛さ!辛いもの好き(と思っている)の私でも満足する刺激的な辛さ!
美味しい~*Mサイズご飯がぺろりと無くなりました。
また食べたい☆絶対食べる。

-- 続きを読む --

category: くろねこハウス【稲沢設計室】

あっ!という間の9月、、、  

金沢街中の食堂酒場 事務所HPにページアップしました*
片村さん、吊り棚の黒皮鉄フレームにラッカー塗装中☆
e6a72e_874d58d66dcb42efb91ce5bc7829add3-mv2.gif
その吊り棚フレームが現場に取り付けられましたー。パチパチパチ
カウンター立上りも黒皮鉄フラットバーでかっこよく仕上げて下さいました*

塗装、カウンター天板、珪藻土、タイル、外壁、照明…まだまだ盛沢山!
現場もあと少しですが、これから終盤に向かっても緊張感ありありです。

----------------------

輪島のくろねこハウス
リビングの天井と壁のボードが張られて雰囲気が出ました。
天井勾配がキツイからすごくパース効いた感じで目に写るー。
反射面が仕上がると、空間に濃淡が出て好きな感じ*
170920-21.jpg
二階から。
解体の時もここから見てたなーと思いながら、職人さんてホントすごいなーと。
170920-20.jpg



category: くろねこハウス【稲沢設計室】

日々、プラスにもマイナスにも  

涼しくなりましたねー。日々、心動く時間を過ごしております。

飲食店の改装中。
片村さんとの即興具合の数々、面白いです。
お客さんも「任せるところは任せる」という感じで、
ゆったりした考えの方だから、そういうことが可能なんだと思います。
「それぞれの役割を尊重しながら ひとつになる」というのは、とても大事なことだと思います。

入口が広くなって・位置も変わって・奥には窓も付いて
どん詰まり感が少なくなって嬉しいです*
▼工事着手前
改修前ですが、、、暗いよー@@
予算が厳しいので、大工さんには最小限の方法と手間で修正していただいているのですが、
大工さんはため息交じりです@・・・そりゃそうですよね。
すっきりビシッとこないまま、ギリギリ許せるラインを探りながら進めるというのは
すごく疲れると思います。。そういう姿を端っこで見ながら申し訳ないなと。。
すごいなー片村建築さん、、
工人さんがカウンターチェアの試作品を作って、
脚の角度やサイズ感が心配だからと確認しに来てくださいました。
小さい中に厨房機器の対面配置とカウンターを入れ込むので、
5mmの配分でも気になってしまう状態です。。
工人さんのカウンターチェア試作品
長屋のひとつなので、外観は正面のみの色決めです。
昭和40年代50年代くらいの民家によく使ってあるような青いビンテージタイルは固定として。
それに合わせて吹付けの候補色を選定。
色の三要素は色相・明度・彩度
私は色相に関しては結構フリーで、お客さんが好きな色を選べば良いと思ってますが、
意見を言わせてもらうとすれば彩度ですかね。
とりあえず、この5色でサンプルを。どれもいいと思います*が、私は一番上が好きです。
外壁色悩む施主さん
ダイヤコム工業さんが「この1回だけ珪藻土あげるよ」と!!( ̄▽ ̄*)嬉
能登の珪藻土は鉄分が多く含まれていて、ほんのりピンク色。
色粉を入れれば何色にでもなるけど、素材そのままの色を使いたいなと思いました。
ダイヤコムさんの工場のトイレに塗ってあったので、お客さんと一緒に確認がてらお邪魔しました。
▼室内で電球色の電球の光が当たるとこんな感じ。
ぴんくけいそうど
▼太陽光の元ではこんな感じ。太陽光の威力はスゴイ。
同じピンク珪藻土
同じ材料でも光の具合で違って見えます。
今回のお店で使う環境を考えると、上の画像の雰囲気になるってことで。楽しみ。
ミキサーなどの道具も貸して下さるとのことで感謝感謝です!
施行はお客さん・・・と、私と片村さんがお手伝いデス。
竣工後の美味しい料理とお酒、期待してま~す♪

能登の改修現場も着々と☆
こちらは、狭間建築さんが施工して下さっています。
予算の関係上、玄関先の下屋の屋根のみ葺き替えることに。
新しい鼻隠し*嬉しい~
目に近いところだけ
リビングの天井ライン。暑い中、お疲れさまです。
梁の一部だけ見えるようになっています。
梁を見せたくてこうした訳ではなく。
一番の理由は断熱区画を効率良く作りたいということなのですが、
現実的な理由がカタチとなったときに、自然と個性が出来るというのが好きです。
ななめぐあい
2階から天井下地を見ながら、どんな風に感じるか、わくわく・ドキドキ です。
2Fからななめ具合を



-- 続きを読む --

category: くろねこハウス【稲沢設計室】

現実に近づくほど…  

クレヨンで描いた黒猫を気に入りまして〃
この黒猫を使いたくて、、
勝手にプロジェクト名を”くろねこハウス”と名付けました(^^;

本好き・珈琲好きの30代ご夫婦の家。
春の着工に向けて、只今 実施設計中。
現実に近づくほど、楽しみな気持ちが増します。

床下やら小屋裏やらを踏査していただいたところ、
思いつく不安な個所は、今のところ概ね特に問題無さそうです。
170222-16.jpg

今、建具の仕様や仕上げなどなど、
細かい部分を決めていく実施設計の段階なのですが、
…まぁ~悩みますね。あんなのもいいな、こんなのもいいなと、悩みまくりです。ねっ!

疲れてきたのでパースに色付けて楽しんでました。

▼玄関入ったらダイニング 兼 応接スペース 兼 ワークスペース
くろねこDining
大きいテーブルを作っていただこうと思います☆
1,000×2,500くらい?でしょうかね??…900×2,400…かな。
短辺方向の寸法は、ちょっと悩んでいます。
奥行き感じられるような連続本棚。仕様に悩んいます。むむー。

▼キッチン・ダイニング・洗面コーナーは天井の低い根太天井
くろねこD-Kitchen
キッチンのレンジフードの経路。。。どうしよ。

▼L字プランの奥にリビング
くろねこLiving
北側リビングなので、ハイサイド窓を開けたいなと思ってます。天井は急勾配☆
”座”の空間として違和感ないように、天井を感じられる低さからの急勾配。
ハイサイド窓からの光を天井面で より反射できて、
気積も小さくできて、断熱区画も繋げられるという…うまくいきますように。。

・・・・・

珈琲の香りで満たされるのって、イイもんですよねー*
170222-11.jpg



-- 続きを読む --

category: くろねこハウス【稲沢設計室】