hibi.jpg

ありがとう  

『ありがとう、トニ・エルドマン』
音楽教師の父:ヴィンフリートと仕事(経営コンサル)一筋の娘:イネス。
父は出歯の入れ歯とカツラを付けて”トニ・エルドマン”という別人になりすまして、
娘の仕事にもプライベートにも現れるという。。迷惑極まりない。
性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。そんな映画。
2時間42分と観る前は「長っ!」と思ったけど、結構すんなり見れた。


ほとんど挿入歌のない映画で、生活音などがシーンのバックに聞こえる。
かみ合わない父と娘の色々な出来事のひとつに、
あるお宅で、父のオルガンの伴奏で、ホイットニー・ヒューストンの
「GREATEST LOVE OF ALL」をイネスが歌わされるシーンがあるんですけど。
最初は嫌々、、でも、段々と感情が歌に乗って周りの人たちも心奪われる。私も涙。
GREATEST LOVE OF ALL熱唱
And if, by chance, that special place
That you’ve been dreaming of
Leads you to a lonely place
Find your strength in love

ずっと夢に見てきた特別な場所が、
もしかして「寂しい場所」へとあなたを導いたとしても、
愛の中に、強さを見つけ出して


父の「もっと自分を大事にしろ」的なメッセージというか、、
ホントは苦しいイネスの感情が爆発した感じ。でしょうね…

思わずクスっと笑ってしまう場面もあり。
最後は「えええーーーーっっっ」と驚きの余り笑ってしまう。
そして、一瞬のこのシーン。すごくハッとした*
tumblr_ojgyv5sJ4E1r7ebc0o3_r2_540.gif

こんがらがった糸みたいな言葉にならない繊細な状況をこんな風に表現できる監督、すごいなー。
マーレンアデ監督


ありがとう!泣いて笑った*トニ・エルドマン

category: 映画

アニメーションの神様、その美しき世界  

ちょっと前のシネモンド上映作品のこと。
『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界』
濃い!感覚が濃い!!見惚れてしまってストーリーが入ってこない(笑)
おおかみカワイイ。。
うさぎのもぐもぐ感かわいい!!!
どのアニメーションも好きだけど『アオサギとツル』が一番すきかも*
この色彩に移ったときの振れ幅!
あおさぎとつる。好き好き好き
はぁぁぁぁ***かっこいい
このシーン、なんかすごく好き
アニメーション界のサグラダファミリア的な『外套』
完成を楽しみにしています。
ユーリー・ノルシュテイン…日本人より日本的な気がする。


-- 続きを読む --

category: 映画

不気味で可愛い  


Yuri_Norstein.jpg
8/19(土)からシネモンドで上映されるみたいなのですが、観たい!
この感じ、すごく好きです。
不気味で可愛くて緻密だけど柔らかい…あと何だろう…とにかくこの感じが好き。

『ユーリー・ノルシュテイン特集』




-- 続きを読む --

category: 映画

どしゃ降りですね、、  

怖いくらいのどしゃ降りですね、、
夜中もずっと降り続くどしゃ降りの雨は、すごく不安になる。。
土砂降りすぎて外出られない…

…紫陽花は、雨が似合うなーとは思います。美しい*
ひとつひとつの小さい花のカタチ、好きだなー。
紫陽花のひとつひとつ好きだー

『タレンタイム~優しい歌』
I go ver.の予告を観ると、思い出して泣けてくる。。
思えば映画の最初から監督の優しさがスクリーンに現れていたなーと…

シネモンドにて7/8(土)~14(金) 12:30~


タレンタイム

映画の中でドビュッシーの月の光が流れてくるのですが、
変な言い方ですが、苦しくなるくらい美しい音だと思いました。
楽しい・幸せ と 悲しい・辛いことは、隣り合わせ。


category: 映画

観たいなー  

牯嶺街少年殺人事件

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』
どれほどの人がこの映画に打ちのめされ、この再映を待ち望んだか。
1960年代初頭の台北。
男子中学生によるガールフレンド殺害という実際の事件をもとに、
ひとつの“時代”を描いた不滅の青春叙事詩。
暴力、恋、焦燥、未来への希望…
ひりつく緊張感と冷たい熱を帯びた眩しくも残酷な思春期、
出口の見えない迷路でもがくような少年たちの日々を、
鮮烈な光と闇の中に刻み付けた奇跡の傑作が遂に復活!
〜5/26(金)まで

<シネモンドHPより>



4時間と長いですが、観たいです。

-- 続きを読む --

category: 映画