hibi.jpg

2021年 桜の季節  

2021年も桜の季節がやってきました。
ちゃんと春になると決まって咲く桜。。すごいなーと思います。
210401_07.jpeg
週イチ朝のキックボクシングの帰り、この日はお弁当を買って、
友人と桜を見ながら、外で食べました。外で食べるお弁当はご馳走ですね!
210403_08.jpeg
花より団子状態です( ̄▽ ̄)♪
210403_02.jpeg
ふたりで「美味しいーー!」を連呼しながら、ダイエット中にもかかわらず
210403_15.jpeg
餅ふたつ。。。
210403_19.jpeg
「幸せすぎるー!」と、嬉しい悲鳴をあげながら食べました。
本当に心底幸せでした。

また別の日のお昼休みに、桜が散ってしまう前にと思って
急遽、母と近所の桜の木の下でお弁当を食べることにしました♪
いつも家で食べるご飯を外で食べるだけでご馳走☆
キムチとかかぼちゃの煮物とか入れました、あとシラスとかね。
栄養バランスはちゃんと意識しました。笑
210401_10.jpeg
コンビニで桜餅買ってくればよかったー!
210401_19.jpeg

今年もやっぱり思い出します。茨木のり子さんの
『さくら』

ことしも生きて
さくらを見ています
ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら
ものごころつくのが十歳ぐらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい
三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう
もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚も
まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう
あでやかとも妖しとも不気味とも
据えかねる花のいろ
さくらふぶきの下を
ふららと歩けば
一瞬
名僧のごとくにわかるのです
死こそ常態
生はいとしき蜃気楼と


category: ひとりごと

2019年12月31日  

今年も最後の日がやってきましたなあ。

191231もありがとうございましたー

ことのはさんからもらったハーブティー:kotonohaブレンド
191220_01.jpg
美味しい。癒し。
191220_02.jpg

12/28の約束の夕方の打合せ時間ギリギリに資料が出来て
とりあえず今年の仕事は終了~。
絶対ムリ!と思ったけど大事な部分についてはちゃんとまとめられた気がするー。
191228_03.jpg

打合せの帰り道、シエスタさんの焼きカレーを食べた。
焼きカレー食べたいのを我慢して頑張った甲斐があった*
達成感でスッキリした気持ちで食べる焼きカレーがこんなに美味しいとは!(ToT)♪
そもそも美味しいのが、さらに美味しく感じた。
「あああ*美味しい~」と何度言ったかww(ひとりで食べに行きました)
191228_01.jpg


-- 続きを読む --

category: ひとりごと

日帰り京都  

父が問屋さんに車で行くと言い出しまして。もうすぐ68歳の人に運転させられまん。
19年前に亡くなったじいちゃんの一部は、東本願寺に眠っているので、
それを理由に「お参りしてこようよー」と、強引に母も誘って、先日、日帰り京都に行ってきました。

問屋さん訪問を終え、さっそく東本願寺へ☆でかっ!
190619東本願寺_01
母:「やっぱ歴史のあるお寺は違うわ、立派やーー。」
私:「その歴史あるお寺にも始まりがあるわけやけど、
   その始まりの時に居合わせたとしても立派だと思えたと思う?
   その価値を知ることができたと思う?」
歴史があるから立派というのは間違いではないと思うけど、ちょっと違う気がする。
浄土真宗の開祖 親鸞さんは、僧籍を剥奪されて流罪の身だったひと。
浄土宗の法然さんも。浄土真宗8代法主の蓮如さんは命狙われてる。
「それでもこの人についていく!」と選択できた人って、ほんの一握りだっただろうに。
それが何百年も前のこと。歴史って面白いなーと思う。
190619東本願寺_03
私:「記念写真でも撮りましょうかー?(^▽^)」
母:「じゃ、それ遺影に使ってーーー」
190619_08.jpg
・・・ちょっと逆光ぎみなんですけど、いいんでしょうか。。

せっかく京都に来たので、もうひとつだけ寄らせておくれー!と頼みまして、
お昼ごはんに入ったお店の近くにあった知恩院に行ってみました。
国宝の三門から入ります。でかっ!
190619知恩院_03190619知恩院_01
これまた国宝の御影堂…改修中で入れず。。
190619知恩院_05
妙成寺に行ったときも三光堂が改修中でした。
「2度来い!」ってことでしょうかね、落慶後にまた行ってみよ。
緑がモリモリとしていて、もう夏だなーと感じました。
190619知恩院_02
なんだかんだ文句言いながらも回ってくれた父。
私:「疲れたけど、結構楽しかったやろー?」
父:「うん、まあ、そうやな。ニヤニヤ
---------------------------
京都市内での信号待ち中。
ふと横を見ると、素敵な町家がありまして、思わず撮ってしまいました。
この↓画像では何も伝わらないかもしれませんが…色々ニヤニヤしてしまう好きな感じでした*
190619_02.jpg



-- 続きを読む --

category: ひとりごと

時は流れ 必ず、  

時は流れ ひとは必ず死ぬ。ということを書いていいですかー( ̄▽ ̄;)

2008年にこんな日記を書きました。【通った時間は戻せない
この時の私は28歳…若いな。父も母も50代でした。
時は流れ必ず死ぬ2008
その頃は、いつもこの図が頭の中にあったんですけど、案外心は軽やかで。
それが、歳を重ねるにつれ、それを考えるのが怖くなって、見て見ぬふりするようになってました。
でも、やっぱりこれを見て見ぬふりしていると、心の軸が狂ってくるのかもしれません。

そういう訳で、意を決して、また図を作ってみました。えっと泣きながら作りました;ドM。
これが今です。一般的な寿命の場合でこれです。
前は80までの図だったのですが、悲しくなって100にしてしまった;
時は流れ必ず死ぬ2019
祖父と祖母と犬と同じ屋根の下で生活をしていました。
「ばあちゃん死なないで(´;д;`)」と、毎晩思いながら布団に入っていました。
「じいちゃんも死んでしまうの?(´∩`。)」と思いながら布団に入っていました。
「ソラも死ぬよね。20年以内には必ず死ぬよね…(´A`。)」と思いながら抱っこしてました。
時は流れ、ひとは必ず死ぬ。例外なく!

毎日一緒にいた人がいなくなるのは、びっくりするほど悲しかったし寂しかった、
けど、避けては通れないし。自分だって死ぬから。
"いつか"死ぬ。明日かも。1時間後かも。このブログを書いた直後かも。
こういうことを思い始めると、一旦悲しくなったあと頭がひんやりとしてくる。
色々なことが「え?それが?なに?」と思えてきて、
そして「今晩のご飯、何にしようかなー」と、心があたたかくなってくる。
多分”今”を見出すんだと思う。自分の心を意識し出すんだと思う。
そんで、悲しいことや辛いことは、そのまま味わえばいいだけのことと思う。
「渦中にいたらそんなこと言ってられないから!」とか言われそうですが、、
だから”そんなこと言ってられない”気持ちを味わえばいいと思う。
喜怒哀楽を全部味わって気づけばいいと思う。
自分はなんて欲まみれで しょうもないくせに、愛すべき存在なんだということを!
(ちょwwww書きぶりが変な宗教みたくなってきた。)

とりあえず、怒りは甘えの何モノでもない。しょうもない自分にハッとした2017年。
コレねぇ…親と喧嘩して冷戦をして気付きました;ホントしょうもないやろう…
どんな理屈を捏ねても、怒りは甘えだった。考えれば考えるほどそうだった、、

いちいち表立って一喜一憂せず、
こんな感じで ふーーーん て感じで、感情の外に立ってしっかり味わいたい。
ふーーん。それで?
過去のスケッチブックの落書き猫。
いい顔してんね*気に入ってます。この”ふーん”感。


-- 続きを読む --

category: ひとりごと

真ん中  

メモが楽しくなっていた2017年。
「これまでの人生で何があったっけ??」
と、良くも悪くも心動いたことは何だったかを思い出しながら
年表を作って振り返っていました。・・・ヒマ人~
六星占術、当たるよーとか聞くので照らし合わせてみたりなんかしてwww
照らし合わせた結果、最悪の年に2級建築士も1級建築士も合格してました。
めちゃくちゃ良いとされる年に喉の腫瘍で体調壊していました。そんなに当たってないやん。
人生メモ

それで、これを作っていて思ったのは「”出来事”は単なる”出来事”にすぎない」ということでした。
・・・( ̄~ ̄;)・・・言葉って難しいっすね。。。

あの時は辛くて苦しくてもう嫌だーと思っていたことも、
思い返すと、そうでもないというか…むしろ、それが起こってよかったなと思います。
逆に、その時はよかったと思えたことが、案外そうでもなかったり。。
良い出来事も良くない出来事も、結局自分がどう感じるかで色が変わるね;過去すら変わる。
なので、あんまり目の前のことに無駄に一喜一憂するのもどうなのか。

選択する自由がある以上、世界を作っているのは自分の心だということを思い出しました。
2006年会社員だったころ、朝の通勤途中の車の中で突然ハッとして、
「これを選択してるの自分や…選択は自由やん!」て、車の中でひとりごとを言ってました。
その日を境に景色が変わったほどの衝撃でした。
”選択は自由”って、それまでにも何度も聞いたことのあるフレーズだったけど、
心に落ちたんでしょうね。(…結果的に”その時は”ということになりますが…)
それがきっかけで、このブログを始めたのだと思います。

でも、そんな衝撃も目の前のことに追われ続けると次第に薄れ、清々しさに陰りが…
36歳になる歳…2、3年前かな。自分の真ん中を感じられていた感覚が鈍って、
気持ちが上滑りして上手く回らなくなって重くなって@@@
「あれ?あの感覚、分からなくなってしまった…」と、焦りが出て、更に苦しい;
やることはやっているし、ちゃんと成長しているとは思うものの、
「もっともっと」と、足りないとことばかりに焦点を当てて勝手に苦しくなって、
ここから先は初めて生きるみたいだなー…(=先が見えない)という感覚でした。
自分の中で狂いが生じているだけなんですけどねー。

-- 続きを読む --

category: ひとりごと